にほんブログ村 躁うつ病(双極性障害)

正社員→無職になって一カ月記念日@双極性障害ドクターストップなう。なぜそうなった?

昨日無駄な見栄は張らないという記事を載せました。

 

今日は早速、自分の恥ずかしい所である“仕事を辞めたこと”について書いてみようと思います。

 

f:id:kanaeya6411gmailcom:20170420100207j:plain

 

 

今日で会社を辞めて1カ月。

 

医療事務のお仕事をしていました。

 

辞めた理由ですか?

 

 

 

......双極性障害(そううつ)です(〃▽〃)

か、かなしい(笑)

 

 

気分の浮き沈みが激しい私をジェットコースターとして名づけ、受け入れてくれていました。※だいぶ迷惑かけながら。

 

双極性障害(躁鬱)が分かったのもこの時の上司に病院に行くように勧められたのがきっかけです。※行かないと迷惑だとはっきり言われつつ。

 

仕事は忙しかったものの、人間関係が良かったのでサザエさん症候群はなかったです。

 

そんな恵まれた環境を退職。

 

普通メンタルで会社を辞めたって聞いたら一般の方ってうつだと思うんじゃないですかね。

仕事場では残業・パワハラ・いじめなど。 しかしワタクシはそんなことなく辞めてしまいます。

 

 

辞めた理由は躁状態だったからです(;^ω^)

 

 

ほんとばか!!(笑)

なぜそんなに気分が高揚していたのか?

 

誰にも言ってない恥ずかしい事実なのですが、 婚活サイトに登録していた私はそこで良い出会いを見つけたんです。

 

関西在住で遠距離500キロ・51歳自営業(カメラマン)・バツあり子供と別居・100キロ超えの方です。苦笑

 

彼からは猛アプローチで、 短期間の間に何度か会いに来てくれたり、沢山遊びに連れて行ってくれたり、プレゼントを貰ったり。

 

同棲・結婚のアプローチもかなりありました。 誰しも気になる異性がいると頑張っちゃう所があると思うのですが、

これまでで一番尽くしてくれる方だったんです。

勿論これがずっと続かないと分かっていましたが、それでもこれ以上の人はいないかもと思うようになりました。

 

私20代半ばから、結婚相手を探していた私は婚活パーティに参加したりしていました。

しかし結果に結びつかないまま。

昨年職場恋愛で年齢も年収も優しさも申し分ない方だったのですが、

双極性障害の症状がマックスであえなく破局

私が悪いのです。

相当傷つけました。

 

その後だったので、もう相手の条件なんて気にしない!

自分は子供を諦めているし、歳が24歳離れていたら喧嘩もしなそう!

相手にはバツがあってだからこそ上手くいくのではないか。

と思い交際に踏み切りました。

 

一緒に住もうと何度も押され、

まだ早すぎると何度も断ったのですが、「結婚は勢いだよ。」と言われました。

 

あれ?どこかで聞いたフレーズ?やっぱそうなのかー。

 

それに

・引っ越し費用は支払う

・退去費用も払う

・引っ越したら仕事しなくていい(専業主婦)

・出張があるので全国一緒に行こう

 

こんな甘い言葉でその気になりました。

 

あとは何度も交通費かけて来てくれる申し訳なさもありましたね。

それにしても、本当に馬鹿です。

 

こうして早々に同棲・引っ越しを決め、会社に退社を申し出ると、

3カ月程先になるかなと思いきや 年度末ということもあり、

退社を告げてから2~3週間でのスピード退社となりました。

 

そしていざ引っ越したのですが

 

一週間ほどで出て行ってくれと言われました。

 

ええええええーです。(笑)

 

 

 

大きな理由は一緒に寝るか寝ないか、仲良しの回数。

私は淡白な方で、アメリカ帰りの彼は仲良しの回数=夫婦仲の良さと絶対に譲らない意思の強さがありました。

 

こんなの聞いてないよ~

 

あんな思い切って決断したのに~

 

汚部屋から掃除・家事はきっちりしてるよ~

 

最初はショックで、でも頑張ろうとこちらから仲直りしたりしてみたのですが・・・

 

それをきっかけに彼は私を拒絶するようになり、

溝は深まりました。

 

一緒に住み始めて初めから噛み合わなくて当たり前。

徐々に形になっていくんだと信じていました。

 

引っ越しで環境の変化を受けた私は、精神的に少し負担のある状態でした。

それも気にいらなかたのだと思います。

 

次第に目も合わせてもらえず、あったと思ったら無言でにらまれたり(;^ω^)

 

仕事もお金もなかったので、 毎日テレビと図書館の本を読んで時間を潰してました。

 

あとは近所歩いたり。

 

ある日別の布団で寝てる私に「はやく出ていけばいいのに」と声が飛んできました。

 

私が寝ていると思って。

 

すっごくむなしかったです。

 

そのまま新しい土地で生計を立てていこうかとも思いましたが、

一人暮らしだと寂しさからまたこうして男性に頼って同じ結果になってしまうのではないかと思い、

実家に帰ることを決意しました。

 

 

結局どこにも行くこともなく、

 

引っ越しにかかわる費用を払ってくれることもなく、

 

静かにその家を去りました。

 

見送りもありませんでした。

 

結局1カ月に満たない関西での生活でした。

 

 

 

そして、 地元に帰りメンタルの病院を受診しました。

 

ここのところのごたごたで現在疲れ切っていた私は

仕事はパートで探そうかとか悩んでいました。

 

先生に「私、仕事出来ますかね?」

 

先生「なに言ってんの。無理。」

 

「え?(笑)」

 

かくしてドクタースットップのかかった私が出来上がりました。

何カ月になるのかは先生の診断書待ちです。

 

おわりに。

 

破天荒な3カ月、本当に疲れました。

後悔しています。

 

今回学んだことは、

 

・やはり短期間でのお付き合いはよろしくない。時間をかけて相手をみる。

 

・楽しようとした自業自得。

 

・今後は気分のアップダウンがある為何事にも慎重に判断。

 

 

すっごく当たり前ですね。

恥ずかしいです。

またここからスタートです。