今日は病院でした。&飲んでいるお薬。

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

 

 

今日は2週間ぶりの病院。

 

GWの最中なので多いだろうな~・・と思いつつ病院へ。

 

あ~やっぱり(^_^;)

 

朝一番は混むから少し遅めに行ったのですがあまり意味なかったかも。

 

今日の待ち時間は1時間半。診察2分。(笑)

 

これって病院(特に精神科)あるあるですよね。(笑)

 

今日はリーマス血中濃度確認の為、採血しました。結果は聞かされず。('ω')

 

先生からは就労許可が出ました。

 

しかし働くことで不安がいっぱいでうじうじするワタシ。。。(笑)

 

抗不安の強いお薬が増量になりました(笑)

 

お薬は2週間分から1か月分へ。

 

 

調子が良いというよりは、先生の中での分類で私は軽症なんでしょうね。

 

自分がやる気になったら働きなさいと。

またダメになるかもしれないから不安だと伝えると、それをどうにかするのが僕たちの仕事だから大丈夫と背中を押されました(笑)

 

と、いうことでドクターストップが外れました。ブログも編集しなおさなくちゃ(笑)

 

就労については失業保険が終わるまではゆっくり過ごしたいと思います。

とか言って半面めっちゃ焦ってる自分もいるんですけどね(笑)

 

f:id:kanaeya6411gmailcom:20170501160902j:plain

 

 

躁うつ病双極性障害)のお薬について簡単にご説明したいと思います。

 

 

大きく分けて3つのお薬に分類されます。

 

① 躁を改善する薬

② うつを改善する薬

③ 将来の気分を抑える薬

 

 

私が現在服用している薬は ラモトギン(商品名:ラミクタール)

 

(元々は)抗てんかん薬。気分安定剤うつ状態・再発予防を有する薬。神経細胞のナトリウムチャンネルをブロックし、神経が興奮しにくくなる。

メリットは催奇形性がない。

デメリットは少しずつ増やさないといけないので効果がでるまで時間がかかる。

 

 

炭酸リチウム(商品名:リーマス

リチウム製剤の種類のくすり。 気分が高揚し、意欲が沸きすぎるのを抑える薬。

リチウムは躁状態にのみ効果を示す。

副作用は震戦・口渇・下痢・リチウム中毒・催奇形性。

 

 

私の場合炭酸リチウムで①の躁を抑える働き、ラモトギンで②のうつと③の将来の気分安定に働きかけ、全体的にカバーしているといえます。

 

ちなみに以前の病院ではラミクタールだけの服用+カウンセリングを行っていました。

カウンセリングはとても良かったです。だいぶ私の偏った考え方を矯正してくださいました。

 

今回無職になり実家に帰ったのを機に新しい病院に変わりました。

 

急に会社辞めて関西に行った話をした為リーマス投与に至りました(笑)

 

しかし、リーマスは催奇形性が確認されています。簡単に言うと奇形児が生まれる可能性が高いという事です。

 

これはやっぱりショックでした。

 

特に子供産む予定も結婚する予定もないんですけど(笑)

 

先生いわく、妊娠が分かってすぐに他の薬に切り替えれば大丈夫。

妊娠に関してはタイミングの指導もするから安心して。とのことでホッ。

 

ただ、出産後はすぐにまたリーマスを服用する為母乳はあげられないと言われました。

 

ダメって言ってもみんなあげたくなるんだよな~母乳。らしいです。(笑)

 

普通のお母さんでも産後うつで精神的に乱れがちなのに、躁うつ病の私どうなっちゃうのって感じですよね(笑)

 

そんな感じで、自分の将来(結婚・出産)は諦めつつもどこかで夢を捨てきれない私です(;^ω^)

 

リーマスにはもうひとつ注意点があり、血中のリチウム濃度を測ることが重要です。

作用に最も適している0.6の数値になるように薬の増減をします。

 

その為定期的に採血をする必要があります。

また、長期間リチウムを服用することによって引きおこる、リチウム中毒にも注意しなければなりません。

 

ちなみに今日の病院代(採血込)は、約5000円(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)

+お薬代約2500円(´・ω・`)

 

泣けます(;´∀`)

 

お薬は古くからあるお薬で安価なので助かります(;^ω^)

 

以前は調剤薬局で働いていたのですが、新薬などお薬が高額な方はまだかかります。職員すら、うわって思う金額のことも(笑)

※もっと安いお薬に変えてくれと先生に相談したら代替薬に変えて貰えることもあります^^

 

そんなこんなで、今日の病院とお薬についてでした^^

まだまだ悩みはつきませぬ^^