にほんブログ村 躁うつ病(双極性障害)

10年細々と風俗業界で働いたわたしの風俗履歴書@アロママッサージ店

私はかれこれ10年程風俗業界に片足を突っ込んでいました。

昼の仕事と掛け持ちしたり、本業として風俗一本で食べていたり、全く出勤していなかったりのゆるゆる風俗嬢です。

 

 

f:id:kanaeya6411gmailcom:20170521112748j:plain

 

 

アロママッサージ店では1年程本業として働いていました。

アロママッサージ店ではマッサージ+手でのサービスがあります。

基本的に女の子はベビードールや下着をつけたままですが、コースによって全裸や口のサービスがあります。※お店によって異なります。

 

 

 

 

 

・入店からデビューまで

 

入店後まずはマッサージの研修。スタッフさんやお店の女の子に習いました。

2~3日程。この間は残念ながら無給。

男性をマッサージするので力が要る為疲れます。実際に男性スタッフで練習していました。

その後はAVを見ての研修になります。当時は衝撃でした。(笑)

 

 

 

 

 

・リピーターを掴む

 

初めの頃はなかなか仕事がなく、ガッカリしました。

しばらくすると、リピーターが付くようになり仕事の量が安定しました。

ここでリピーターの大切さを改めて知ります。

そしてリピーターは顔見知りな分、気が楽です。お客さんにもよりますが自分も楽しい時間を過ごすことが出来ます。

 

そして変なお客さんでも心構えが出来ます(笑)

 

 

 

 

 

リピーターを掴め!お店でやっていたこと。

 

 

・スカート・ヒールの着用必須

 

・サービスが終わって帰る際に自分の名刺を渡す(裏に今日話したことを入れたメッセージを書いて渡す)

 

・リップグロス必須。プルプルした唇。

 

・香水。シャワーを浴びるととれるので皆1回1回仕事に入る前に振っていました。

 

・暇があればAV鑑賞でテクニック面の勉強。女の子数人で見てました(笑)

 

・バレンタインシーズンは安価でもチョコレートを配る(新規やフリーでも)

NO1の子は、バレンタイン以外でもお弁当を作ったりしていました。

 

・肌を触れ合う仕事なのでNO1はボディクリームをかかさず塗っていました。

 

 

 

リピーターさんも次第にマンネリ化してしまいます。

飽きられないように、新しくヘッドマッサージ覚えたり、衣装を新調したりとリピーターさんを維持するのには苦労しました。

指名変えも全然あります~新人さんはどんどん入って来ますし。若さには勝てない(笑)

 

 

 

・大変だったこと

 

 

お客さんが中々フィニッシュしない(笑)

コースの時間内に全てを終わらせないと、その後の予約や他の子の送迎にも影響が出てしまいます。

また、高いお金を払っていらっしゃっているので満足の行くサービスをしてあげたいのです。

しかし、こればかりは個人差があるので・・・(笑)

 

 

 

・延長料金をわざと払わないお客さん

基本的に前金制でサービスを開始します。

しかし、盛り上がって延長になることがあります。その際いいムードなのに今すぐ追加料金渡してという訳にいかず、後から貰うこともあります。

大抵のお客さんはちゃんと約束守ってくれるのですが、「あれ、お金足りない」なんていう人がいるのです(~_~メ)

最初の段階で財布の中身は確認しているだろうに・・ないものはないので、その分は女の子の実費になります。超ショックです。私以外にもたまーにありました。

 

 

 

・マッサージ、結構疲れるの巻

お客さんにまたがってマッサージするので普段使わない筋肉を使い、最初の頃は筋肉痛でした。コツを掴むまでは体がキツイです。

190センチある体格の良い方や連続でお客さんに着くと親指痛いしヘロヘロです(笑)

お店によっては撫でるようなゆる~いマッサージのところもあるようです。

お客さんにどんなマッサージがいいか聞いたり、リクエストされたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

・風俗雑誌に載った話

 

そこそこ人気が出てきた頃、風俗雑誌に見開き1ページ載せてもらった事があります。(顔は出してません)

お店が広告費用を出すため皆載せてもらえる訳ではないので嬉しかったです。

 

撮影は上ランクのラブホテルで衣装は自前(笑)下着を新調しました(笑)

 

他の子に聞いたらワコールとか着ていくみたいです。

 

撮影はセクシー尚且つ細く見せるように撮るため、足を伸ばす時はピーン!ベッドに直に座ると太ももが太くなるので微妙に浮くとか(笑)なかなかしんどかったです(笑)

その甲斐あって結構いい仕上がりになりました。

 

さてここからが本番です。ラッキーな事にちょうど12月の一番稼げる時期でした^^

このチャンスを逃すまいと1カ月間、休まずに働きました。売り上げも過去最高でした。まぁ後に騙されて一文無しになるんですけど・・(笑)

 

しかしながら、風俗雑誌を見る(買う)お客さんって県外からの出張客が多いんですね、知らなかったです。

なので1回ポッキリの方も多く、リピーター獲得が全然出来ませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

フリーランスの厳しさ

 

そこそこ人気のあった私は、次第に仕事があることに慣れ、いつしか手を抜くようになりました。

マッサージ中に考え事したり、自分から一生懸命喋っていたのを辞めたり。バカですね。若いですね。

 

お客さんが気持ちよくて寝ちゃいそうな時は無言ですが。

 

暇な2月と重なり次第にお客さんが少なくなっていました。

また、何回か通ってちょうど飽きられる頃合いでもあったのかなぁと思います。

収入激減でした。まさに頑張りどころです。

 

そこから努力してもすぐにはお客さんは増えない、出勤しても待機時間だけが流れていく、という出来高制の厳しさを味わいました。

 

 

 

 

 

・お店を辞めた訳

 

ブログを書けとしつこい。(お店の)

 

たまにならいいんですけど毎日なんです。

宣伝になるので 気持ちはわかるけどSNSさえやらない人間もいるのです。。(´・ω・`)

 

あとちょうどその頃、税金制度が始まりました。

通常お客さんからいただいたお金は折半です。

その上1日千円の道具代だったか税金を払っていました。

 

しかし、追加で1回のサービスあたり税金として千円ひかれるようになったのです。例えば8000円だったら、折半で4000円、税金2000円ひかれ、手元に2000円しか残らないのです(´;ω;`)一応体売ってるのに(´・ω・`)

 

源泉徴収の紙も貰ってないし雇用保険も入ってないのにー(+o+)

 

 

前々から女店長と相性も悪かったので(笑)これを機に辞めました。

 

自分にとっていい経験になりました。

辞めた後、着飾らなくていいのが嬉しかったです(笑)

 

 

以上風俗履歴書シリーズこれにて終了^^