躁うつ病退職後の流れ その2


f:id:kanaeya6411gmailcom:20170708094936j:image

 

 

以前の記事で病院の先生に病状証明書の記入してもらうことで・失業保険の期間延長 ・国民健康保険の減額が申請出来る を書きました。

 

その他に請求が来るものに国民年金があります。

これはご存知の方も多いですが病気の有無にかかわらず、減免手続きをすることによっていったん支払いが発生しなくなります。(2年までは追納できます)

 

 

そして忘れやすいのが市・県民税!私はすっかり忘れていました(;´∀`)

 

 

市県民税について知らないと損する制度、それは市県民税も減額制度があるのです。

 

 

条件は当年の合計所得金額の見積額が、前年の合計所得金額の10分の5以下に減少することです。

 

今年申請されるなら2016年1月1日~2016年12月31日の収入です。

 

今年の収入には雇用保険・再就職手当も含まれるそうです。(非課税でもカウントはされると言われました)

 

 

私は今のお給料だと去年の半分いかないのですが3月で退職していたので、半分を超えてしまい申請できませんでした(´;ω;`)

 

 

なので会社辞めるなら12月にボーナス貰った後がおすすめ(笑)

 

 

ちなみに会社にクローズで自己都合で退職していても、病気を理由として退職した場合減額・免除の対象となります。

 

これは雇用保険証に書いてある離職理由が33番であればOKです。

 

役所とやり取りして聞いたのですが、なかなか全額免除は難しいようなので、少しでも安くなれば・・ぐらいで申請していただけると幸いです。

 

 

注意点として

 

申請の際市役所で面談があるそうです。

 

つらいことも聞かれると思いますので体調と相談してほしいです。

 

市県民税の期限までに申請しないといけないそう。

 

7/31が期限だった場合、8/1に減税申請が通っても、7/31までの税額は変わらないということになります。

 

 

また、不動産の資産を持っていたりするとダメみたいです。

 

 

市町村によって多少違いがありますのでお住いの役所のホームページを見ていただけると幸いです。

 

 

会社には言ってないけど精神的な病気で会社を辞めた後の流れをまとめると

 

 

会社から離職票が送られてくる

         ↓

 

ハローワークに行き、病状証明書の用紙をもらう

         ↓

 

かかりつけの医師に記入してもらう

         ↓

      

ハローワークに提出する

         ↓

 

雇用保険証をもらう 市役所へ行き

国民健康保険料の減額

国民年金の減免

・市県民税の減額申請をする

 

 

 

以上です^^お役にたてれば幸いです^^